ハイサワーってなぁ〜に? | お酒をわるならハイサワーの博水社

博水社

お酒を割るなら、ハイサワー。ど真んなか搾り製法は、ハイサワーだけ!

知る&レシピ

ハイサワーってなぁ〜に?

お酒とハイサワー割るだけで、本格的なおいしいサワーやチューハイが作れる!

【居酒屋割材の定番】

居酒屋でよく飲むレモンサワーやチューハイ。サッパリしてて美味しいですよね。実は、それって焼酎かウォッカにレモンや炭酸などを混ぜて作られています。で、自分でも家で作っちゃおう!となれば、ハイサワーの出番。焼酎かウォッカ(1)にハイサワーレモン(3)を注ぐだけ!!果汁たっぷりでレモン香るピチピチ炭酸のサワーやチューハイが出来上がり!!お酒の濃さも変えられて便利だし、時に梅酒などリキュールと割ってマイオリジナルドリンクも作れちゃうんです。

んっ?ハイサワーそのものはお酒?って思われた方、ハイサワーそのものはお酒ではないんですよ~

ハイサワーが長年親しまれる、おいしさの秘密

甘くなく、スッキリとして、強炭酸!“大人の味”を実現!

ハイサワーは、お酒と割ることを考えて、甘くせずスッキリ飲めるよう仕上げています。お酒を引き立てる、まさに大人の味の炭酸飲料。レモンの果汁入りやホップ入り等々の味があります。どんな料理にもよく合います。


購入する

イタリア・シチリア島産レモンのおいしいところの約30%、「真んなか搾り」を贅沢に使用。

世界的に有名なレモン産地イタリア・シシリー島で収穫される、“トレーサビリティ”が確立された(生産農家まで辿ることのできる)安心レモンを使用しています。そのレモンを独自のこだわりの「ど真んなか製法」で搾汁しており、「最初の一搾り」の約30%だけしか搾りません。果肉部分だけ、しかも、その最もおいしいとこだけの搾るなので、レモン果肉そのものの風味を持つまさに最高品質の果汁です。【真んなか搾りレモン】自信の逸品です。

絶妙なまろやかさと口当たり!実は隠し味に白ワインを使用。

お酒の割り用飲料であるハイサワーは、隠し味にワインを使用しています。隠し味って、色々なお料理にもよく入っていますが、素材を引き立てるんです。ハイサワーはお酒ではなく、もちろん清涼飲料水(※)なので、その隠し味のワインのアルコールは、0.2%以下です。

(※)清涼飲料水とは、日本の法律ではアルコールを含まないもの・あるいは微量(ただしお酒とされない1度未満)のアルコールを含む飲料の事とされています。

今夜は家飲み! おいしいレシピ・自分で作れば楽しいね!

ハイサワーは昔から「甲類焼酎のお供」だけと思われがちでしたが…実は味のない甲類焼酎やウォッカ以外にも色んなお酒と相性が良いんです! いろんなお酒とハイサワーのお勧めの組み合わせをご紹介します。“自分好みの味”を見つけてみてください。

>>おすすめのレシピはこちら